ナデラCEO時代の新Office戦略とは [ #cbajp ]

Officeを取り巻く環境が目まぐるしく変化している。クロスプラットフォーム戦略を打ち出し、iOSやAndroid向けに無償でOfficeアプリケーションを提供。さらに、Salesforce.comやDropboxなどの競合と目される企業とOfficeに関する提携を相次いで発表。エコシステムの枠を大きく広げている。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/gyokai/20141121_677078.html

Heirloomは、古い写真をスマホで撮って整理するアプリ [ #cbajp ]

長年スクラップが大好きな母は、毎年の誕生日、ハロウィン、ダンス発表会、初めて自転車に乗れた日、赤ちゃんが泥を食べるところなど、私と弟のあらゆる場面を写真に残してきた。数年前彼女は、この何百枚もの写真を手動でスキャンして、自分のパソコンのフォルダーにきれいに整理した。

http://jp.techcrunch.com/2014/11/21/20141120heirloom-app-preserves-print-photos-with-a-single-snap/

S・ウォズニアック氏、仮想化新興企業のチーフサイエンティストに [ #cbajp ]

Primary Dataは米国時間11月19日、Steve Wozniak氏がチーフサイエンティストとして同社に加わったことを発表した。Primary Dataはストレージ仮想化を手がける新興企業で、先頃、表舞台に出てきたばかりだ。この新興企業で、2005年にフラッシュメモリメーカーのFusion-io(2014年に約11億ドルでSandiskに売却された)を共同創設したDavid Flynn氏とRick White氏が、2009年にチーフサイエンティストとしてFusion-ioに加わったWozniak氏と再会を果たすことになる。

http://japan.zdnet.com/article/35056876/

JavaOne 2014で見えたJavaの現在、そして未来──Javaエバンジェリストの寺田佳央が総括 [ #cbajp ]

2014年9月25日から10月2日(米国時間)にわたり、恒例のJava開発者カンファレンス「JavaOne 2014」が米国サンフランシスコで開催されました。19回目となる今年のJavaOneには100カ国から9010名が参加。アジア/パシフィック地域からの参加者は約450名を数え、日本からも多くの方が参加されました。テクニカル・セッションを中心に557のセッションが実施され、講演者の数は615名に上ります。

http://builder.japan.zdnet.com/sp_oracle/weblogic/35056746/

AWSのデータセンターの中身を、設計総責任者が話した [ #cbajp ]

Amazon Web Services(AWS)のバイスプレジデント兼ディスティングイッシュド・エンジニア、ジェームズ・ハミルトン氏は、AWSが11月11~14日に開催した「AWS re:Invent 2014」で、データセンターの構成、サーバーやスイッチの自社設計、SR-IOVなどについて語った。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1411/20/news106.html

「すべてのステークホルダーにメリットがある」、英Colt CEOが語るKVH買収の理由 [ #cbajp ]

欧州地域を中心にデータセンターやネットワークサービス事業を提供する英Coltは、アジア地域で同様の事業を展開するKVHを買収すると発表した(関連記事:データセンター事業者の英ColtがKVHを買収、どちらもフィデリティ子会社)。来日した英Coltのラケッシュ・バシンCEOに、買収の目的、今後の統合計画などについて聞いた。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/14/262522/111900071/

ビッグデータ活用の成否はデータのつなぎにあり – Talend CEOマイク氏 [ #cbajp ]

ビッグデータ活用の基盤システムを構築するには、さまざまな業務アプリケーションやデータベースのデータをいかに”つなぐ”かが成否のカギを握ると言っても過言ではない。そうしたなか、Hadoopとの親和性の高さやJavaによるコネクタ開発の活発さなどから注目を集めているのが、米国Tlendが提供するOSSのETLツール群である。

http://news.mynavi.jp/articles/2014/11/21/talendceo/