2011年のMono [ #cbajp ]

Miguel de Icaza氏は年末の投稿で、今年(2011年)Monoに起こった出来事をふりかえった。本記事ではそれを時系列にまとめた。今年Monoに起こった出来事より

2月 – Mono 2.10が登場、Google Native Clientのサポート、新しいプロファイラ、F#サポートの改善、ASP.NET MVC3のサポートとともに。
3月 – MonoMac 1.0がリリース。
4月 – Mono for Androidが登場。
5月 – Novell(Attachmateによって買収される)がMono開発チーム全員を解雇。Xamarin設立。
7月 – SUSEがMonoに関連する知的財産の無期限ライセンスとオープンソースMonoプロジェクトの管理をXamarinに供与することに合意。XamarinはEnterprise Monoの既存顧客のサポートを引き継ぎ、人気のあるMonoTouch for iOSやMono for Androidを含むMonoベースの製品販売を開始。
8月 – Xamarinによる最初のリリース、Mono 2.10.3。Mac OSX Lionのサポート、WCF改良、GC修正とともに。
10月 – MicrosoftがKinectimals for iOSをビルドすることでMonoに手をつける。
11月 – ソニーがMonoをベースにしたPlay Station Suiteを発表。Phalanger 3.0がC++/CLIコンパイラの代わりにMonoをサポートしてリリースされる。
12月 – CXXIがMonoにC++相互利用を実現。

http://www.infoq.com/jp/news/2012/01/mono-in-2011

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s