最新のWindows ServerやSystem Centerをクラウドで利用できる CLOUD CENTER for Windowsで社内サーバーをクラウド化 [#cbajp]

クラウドOSを謳う「Windows Server 2012」の登場で、状況は一気に変わった。Windows Server 2012 Hyper-V(以下、Hyper-V)ではホスト、仮想マシン共に大幅にスペックが引き上げられたほか、仮想マシンのバックアップを実現するHyper-Vレプリカ、Windows Azureへのオンラインバックアップ、同じ物理ネットワークを複数のユーザーで安全に共用できるネットワーク仮想化などもサポート。仮想化対応が大幅に強化され、既存のWindowsアプリケーションをクラウド環境で利用することがきわめて容易になった。さらにSystem Center 2012 SP1が登場したことで、Windows Server 2012上の仮想マシンやオンプレミスとクラウド連携を効率的に行なえるようになった。もはや、Windowsサーバーを社内に閉じこめて置く必要はなく、柔軟性やコスト効果の高いクラウド環境で使えるのだ。

http://ascii.jp/elem/000/000/760/760217/

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s