テザリングは1割採用、海外拠点活用やWAN最適化まで含めた通信サービス需要が増大 [#cbajp]

IDC Japanは18日、国内企業の通信サービス利用に関する調査結果を発表した。それによると2013年度(会計年)にデータ通信予算が増加する最大の理由は昨年の調査同様「モバイル対応を進めるため」であり、増加すると回答したユーザーの約4割を占めた。続いて「クラウドやDC(データセンター)の利用が増えるから」で4割弱だった。2013年度も引き続きモバイル、クラウド、DCへの関心が高いことがこの結果から読み取れたという。

http://www.sbbit.jp/article/cont1/26075

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s