Facebook、ターゲット広告に外部ウェブサイトの興味データを利用へ。新たなオプトアウト方法も [ #cbajp ]

Facebookは、ユーザーの興味に基づくターゲット広告のためのデータを増やそうとしている ― 具体的には、Facebook以外のウェブサイトやモバイルアプリのデータだ。つまり、たとえプロフィールにサッカーが好きと書いていなくても、サッカーに関係のあるFacebookページにいいね!をしていなくても、Facebookはあなたが外部のサッカー関連ウェブサイトを訪れたことを知り、それに応じた広告をターゲットできる。Facebookは、公式ブログで、これを「興味に基づく広告の一種」であり、既に「多くの企業」が実施していると説明している。

http://jp.techcrunch.com/2014/06/13/20140612facebook-ad-targeting-interest-data/

Comments are closed.