大阪で眼瞼下垂の治療をしてわかったこと

急速に悪化した眼瞼下垂に悩まされ大阪で手術に成功した事例

眠そうな目で眼瞼下垂と診断され薬を使うが良くならず美容整形外科で保険適用で埋没法の手術を受ける定期的に通う必要はあるが美容整形外科の施術のメリットは大きい急速に悪化した眼瞼下垂に悩まされ大阪で手術に成功した事例

カウンセリングで、埋没法と切開法の2種類の説明を聞きましたが、私は費用があまりかからない埋没法で良いと感じました。
40歳を過ぎてから、顔のたるみが気になるようになってスキンケアの他に、マッサージなどを自主的に行っていました。そんな中。右目の片方だけが瞼が下がっていることに気付き、最初の段階では単なる老化現象としてあまり気にしないようにしていたのですが、その後2か月後には視界不良に陥ってしまった経緯があります。自分は普通に目を開いている状態なのに、右目の視界が以前よりも落ちてしまい、特に問題に感じたことは自動車の運転です。右方向の視界が良く見えない状態になることから、確認の際には顎を上げて何とか視界を確保するような状態が続き、その2週間後には急速に視力が落ちたような状態に陥りました。最初は生活圏の大阪の眼科で検査を受けたのですが、その際の診断は眼瞼下垂という病気であることが判明しました。単なる老化現象と思っていたものが正式には病気ということが分かり、改善するために大阪の形成外科を利用したという流れです。最初は手術と聞いて多額の費用が掛かってしまうと不安でしたが、眼瞼下垂の手術は自身のケースでは保険治療で手術可能と判断されたので、3割負担で済ませられました。手術は事前にカウンセリングを受けたとおりに、右目瞼の上を切開して、筋肉をショートカットさせて縫い付ける方法で、結構な時間が掛かりましたが、術後は左右対称になり、視界も良好で傷口も短期間で消えました。