緊急地震速報対応型のデジタルサイネージ付き自販機、神奈川県に設置[ #cbajp ]

オックスプランニングは2012年4月26日、ダイドードリンコ、クリエイティブワークスと共同で、同年4月1日から清涼飲料水の自動販売機と併設した緊急地震速報対応型デジタルサイネージ『自動販売機併設型緊急地震速報対応デジタルサイネージ』の導入を始めていると発表した。神奈川県川崎市高津スポーツセンターに導入、その後川崎市の6施設への導入を進めて行くとのこと(【発表リリース】)。 『自動販売機併設型緊急地震速報対応デジタルサイネージ』は、平常時は導入した施設や店舗のオリジナル情報コンテンツの放映が可能な、自動販売機併設型デジタルサイネージ。ダイドードリンコ社の自動販売機の横に、ゴミ箱を内蔵した21.6インチ高輝度液晶モニター、専用スピーカー、警告用LEDなどを配している。また操作端末としてクラウド型映像配信システム『クラウドエッジ』専用端末1式(クラウドエッジSTB映像放送端末)もセットになっている。震度4以上の地震が発生する場合、気象庁からの発報を受け地震速報端末が強制的かつ事前に警告映像を映像モニターに表示する仕組み。コンビニ同様街のあちこちで見かけるようになった自動販売機。その「随所配置」の利点を活かし、情報配信ツールとしての役割を持たせ(ここまでは【自動販売機上のデジタルサイネージ】にもある通り、ごく普通に見かけることができる)、緊急時には「外部に居ても」「即時に」情報を受信できる仕組みは、自販機の特性を活かした興味深い切り口といえる。実用性もあわせ、地域社会への公共サービス提供的な役割をどこまで果たせるのか、今後の実証結果を見守りたいところだ。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0428&f=column_0428_031.shtml

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s