事例で学ぶiPhone/iPad活用術 71 青森銀行がiPadとGoogle AppsによるBCP対策を全営業店に導入 [#cbajp]

2011年3月11日、東日本を襲った大地震と大津波により青森県は甚大な被害をこうむった。県内を中心に105店舗の営業拠点を配する青森銀行は、創立以来の危機的状況に直面していた。震災当時青森県内は停電が発生し、全店舗への同報連絡に利用していたFAXが使えなくなる。同様に社内ネットワークも止まったので内線電話や電子メールも使えず、通信手段は外線電話だけが頼りとなった。「各営業店の被害状況や行員の安否確認のために、本店の外線電話10台に張り付いて電話をかけ続けていたのですが、まるで伝言ゲームをしているようで、迅速な情報伝達には程遠い状況でした」と、本店に詰めて緊急対応に当たった営業統括部 営業統括課 課長代理 中野史行氏は当時を振り返った。そんな時、想定外の活躍をしたのがiPadだった。

http://news.mynavi.jp/series/iphoneipadkatsuyo/071/

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s