導入事例:南海電鉄、プライベートクラウド構築で物理サーバを85%削減へ [#cbajp]

南海電気鉄道がプライベートクラウド環境を構築し、業務システムを仮想化するプロジェクトを進めている。これを支援する富士通とヴイエムウェアが7月3日に発表した。プロジェクトでは南海グループの情報システムの管理・運用を担う南海マネジメントサービスと共同でグループのデータセンターにプライベートクラウド環境を構築。基幹システムやインターネット関連システム、経理関係システム、旅行代理店向け特急券予約システムなどのサーバを仮想化し、70台ある物理サーバを2015年12月までに10台に集約する。プライベートクラウド環境は、ヴイエムウェアの仮想化基盤「VMware vSphere 5」「VMware vSphere HA」および富士通のハードウェアで構成される。災害対策面では複数のストレージ間で高速データコピーを行う「リモート・アドバンスト・コピー」機能を搭載したストレージの「ETERNUS DX90」を導入した。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1207/03/news094.html

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s