車載Ethernetが変える、クルマの未来 車載Ethernetの基礎知識(中) [#cbajp ]

車載用途でのEthernet利用拡大に向けた課題のうち、コストに関しては物理層で解決する動きが活発化している。導入コストのうち、焦点の一つになっているのがケーブル・コストの削減である。ケーブル・コストの課題を解決しようと、物理層LSIを手掛ける企業が開発を進めている。米Broadcom社や米Marvell社、米Micrel社などである。Broadcom社は、車載Ethernetに向けに開発したデータ伝送技術「BroadR-Reach(ブローダーリーチ)」を使い、車載用途で求められる数十mの伝送距離において、UTP1対で100Mビット/秒を実現できるとしている。シールドが不要になるだけでなく、100Mビット/秒のデータ伝送速度でありながら、一般的な「100Base-TX」の信号線2対よりも配線を削減できるのが特徴だ。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120828/418789/?ml

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s