Daily Archives: 2014/03/15

Google Drive、激値下げ―1TBが月額49.9ドルからなんと月額9.99ドルに [ #cbajp ]

今日(米国時間3/13)、GoogleはGoogle Driveオンライン・ストレージの料金を大幅に値下げした。最初の15GBまで無料なのは従来通りだが、100GBが従来の月額4.99ドルから1.99ドルになった。.もっと驚きなのは、1TBが月額49.99ドルからわずか9.99ドルに値下げされたことだ。さらに大容量が必要であれば、10TBが月額99.99ドルでさらに10TB単位で容量を増やせる。つまり30TBなら月額299.99ドルということになる。

http://jp.techcrunch.com/2014/03/14/20140313google-drive-gets-a-big-price-drop-100gb-now-costs-1-99-a-month/

NEC、社会インフラ整備などの「パブリック事業」で売上高7800億円目指す [ #cbajp ]

NECは3月13日、社会インフラ整備を中心とする「パブリック事業」に関する説明会を開催。中長期的な取り組みとして“交通、水、通信、都市開発・工業団地、サイバーセキュリティ”という5つの領域に注力し、2015年度の売上高で2012年度比約1000億円増の7800億円を目指すことを明かした。

http://japan.zdnet.com/cio/analysis/35045245/

モバイル向け不正サイト、2年で14倍に急増、年間7万3000件に [ #cbajp ]

トレンドマイクロ株式会社は13日、モバイル向け不正サイトが過去2年間で約14倍の7万3000件に急増したとの調査結果を発表した。その大半が、フィッシングや架空請求など「オンライン詐欺」に関するものだったという。この調査結果は、トレンドマイクロが展開しているクラウドベースのセキュリティサービス「Trend Micro Smart Protection Network(SPN)」で収集した情報を元に発表した。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140314_639679.html

【コラム】変化が必要な韓国企業、IBMの成敗に注視すべき [ #cbajp ]

多くのグローバル企業が変身を繰り返している。M&A(企業の合併・買収)、事業売却、ビジネスモデル革新、ビジネス生態系拡大など、さまざまな戦略を通じて、新しい成長動力を探している。このようにグローバル企業が変身を繰り返している理由は、急変する「市場」と「顧客」の要求に応じるためだ。市場と顧客に合う高付加価値を提供できる会社だけが、激しいグローバル競争で生存できる。韓国企業が変身を急がなければならない理由でもある。

http://japanese.joins.com/article/965/182965.html

ACCESS、電波送信間隔を柔軟に設定できる機能と電池交換時期の通知機能を強化したBeaconを提供開始 [ #cbajp ]

株式会社ACCESSは、同社の提供するBeacon(ビーコン)モジュール(ケース付き・日本製)に、サービス事業者の管理者が電波送信の間隔を0.1秒単位の細かさで自由に設定できる機能、並びに電池交換時期の通知機能を強化し、バージョン(v)1.1として、本年3月20日より、提供開始いたします。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/140314/prl1403141109030-n1.htm

NTTデータ、「BizXaaS」シリーズにCRMソリューション追加 [ #cbajp ]

NTTデータは3月12日、総合クラウドサービス「BizXaaS」の新ラインアップとして、SFA(営業支援)/CRM(顧客情報管理)ソリューション「BizXaaS CRM」の提供を開始した。「Microsoft Dynamics CRM」をベースに開発され、カスタマイズ可能な独自のモバイルアプリを付加することでスマートデバイス向け機能を強化している。

http://ascii.jp/elem/000/000/874/874904/

「Windows 9」であのころのMicrosoftに戻れるか [ #cbajp ]

新体制を敷いた米Microsoftの戦略は、ユーザーに受け入れられるのか? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。今週のランキングは、新しいCEOを迎えた米Microsoft関連の記事が上位を占めました。今週最も多く読まれた記事は、「『Windows 9』『タッチ版Office』、注目プロジェクトの動向は」でした。この記事では、2014年春にもロードマップの発表が予想される次期クライアントOS「Windows 9」(仮称)、「タッチ版Microsoft Office」などの注目プロジェクト、順調に収益を伸ばしているクラウドサービスなどの同社の戦略について、市場関係者や業界アナリストたちの評価を紹介しています。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1403/14/news08.html