Daily Archives: 2014/03/27

エン・ジャパン、Office 365環境のセキュリティ強化に「HDE One」を採用 [ #cbajp ]

「HDE One」はMicrosoft Office 365、Google Apps for Business、Salesforceなどのクラウドサービスと連携して、メールの情報漏えい対策・スマホ紛失対策・不正ログイン対策をクラウド上で実現するサービス。情報漏えい事故の2大インシデントといえる「電子メールの誤送信」と「デバイス紛失」を未然に防ぐのが特長だ。エン・ジャパンでは、コミュニケーション・コラボレーションシステムとしてマイクロソフトのOffice 365を導入。

http://www.sbbit.jp/article/cont1/27750

Googleのリアルタイムビッグデータ分析サービスBigQueryが大幅値下げと能力アップ [ #cbajp ]

非常に大きなデータ集合を高速に分析するためのGoogleのクラウドツールBigQueryが今日(米国時間3/25)、最大85%という大幅値下げをした。そしてそれと同時に、Amazon Kinesisなどの競合サービスと互角に戦うための重要な新機能も加えた。もうすぐデベロッパたちは、最大で毎秒10万行までのリアルタイムデータをBigQueryに送り、リアルタイムで分析してもらえるようになる。

http://jp.techcrunch.com/2014/03/26/20140325google-launches-bigquery-streaming-for-real-time-big-data-analytics/

NVIDIA次期モバイル用プロセッサーは“ウルヴァリンの息子” [ #cbajp ]

GTC2014の基調講演のなかで、クラウド技術としてはレンダリングファームの新製品が発表された。4Uのラックマウントサーバーに最大8基のTeslaを内蔵できる“IRAY VCA”。ネットワークインターフェースには10GBイーサネットやInfinibandなどを搭載し、ワークステーションなどからクラウド上でレンダリングファームとしての運用を行なう。Quadro K5000などのグラフィックカードを搭載するグラフィックワークステーションなどと比べても10倍近い処理能力を発揮するという。

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/209/209724/

東芝ソリューション、タイに拠点を設立し……4月よりICTサービス開始 [ #cbajp ]

東芝ソリューションは、タイに拠点を設立し、4月より事業を開始する。東芝の現地法人である、東芝アジア・パシフィック・タイ社内に拠点を設置し、東芝グループ各社、日系企業ならびに現地企業に対し、ICTサービスを提供する。東芝ソリューションは、昨2013年4月のシンガポールに続き、タイに拠点を開設することで、成長著しいASEAN地域での事業拡大を図る。タイ拠点では、データセンターの利用によるクラウド事業と、自製プロダクトの提供を事業展開する予定だ。

http://www.rbbtoday.com/article/2014/03/26/118198.html

一般からプロまで参加できるものづくりプラットフォーム「Geeks」 [ #cbajp ]

マルソー産業は2014年3月20日、一般ユーザーから製造業ユーザーまで参加して思いついたアイデアを投稿できる交流サイト「Geeks(ギークス)」と、そのアイデアを商品化するためのものづくりに特化したクラウドファンディングサイト「Geeky Factory(ギーキーファクトリー)」を5月にオープンすると発表した。

http://news.mynavi.jp/news/2014/03/26/207/

いつの間にか通信料金はタダになっていた [ #cbajp ]

現在発売中の「アスキークラウド2014年5月号」は16ページに渡って、IT業界で不振の続くパソコンだけでなく「インターネットも終わってた」というテーマで特集を組んでいる。Google検索からGoogle Playのようなプラットフォームへ、さらにはアプリケーション内部へとビジネスが移っている。米国で通信会社が通信内容を勝手に規制してはならないというネットワーク中立性に見直しの動きが出始めた。インフラはもちろん衣類や雑貨などの日用品にも通信機能を付ける「IoT」(インターネット・オブ・シングス)の潮流も生まれている。

http://ascii.jp/elem/000/000/878/878047/

企業向けオンラインストレージサービス7選(海外ベンダー編) [ #cbajp ]

ビジネスでの「オンラインストレージサービス」の利用が本格化しつつある。単にクラウド上にファイルやフォルダを保存するだけでなく、ローカル端末との同期や、他社とのファイル共有、ドキュメントの共同編集など、さまざまな用途で使うことができる。また、BCP(事業継続計画)やモバイルワーク、ビジネスにおけるモバイルデバイス活用の広まりによって、場所や端末を選ばずに利用できる便利さから、より注目されるようになった。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1403/26/news02.html