凸版印刷 電子タグでIoT用途拡大 クラウド連携など [ #cbajp ]

 凸版印刷は、ICタグ事業を強化する。モノのインターネット(IoT)を念頭においた用途拡大を推進するもので、ICタグの管理能力と、クラウドネットワークとの連携や近距離無線通信(NFC)によるスマートフォンなどとの読み込み機能を活用。独自の物理的な複製防止機能(PUF)による真贋判定を合わせて提供する。使用シーンに合わせた最適化やセキュリティー機能を生かし、既存用途の掘り起こしとともに新規分野に積極展開していく。

http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2015/08/28-21600.html

Comments are closed.