「ダンドリワークス」1年で職人アカウント1.4万件、現場情報共有サービス [ #cbajp ]

業者(職人)さんとのFAX、電話、メールのやり取りをなくすクラウド上の現場情報共有サービス「ダンドリワーク」の利用数が急増している。昨年初めの本格展開から1年。導入企業者数はリフォーム会社を中心に約130社、発行アカウント数は約1万4000となった。運営会社であるダンドリワークス(滋賀県大津市)の加賀爪宏介社長に躍進の理由、これからの戦略を聞いた。

http://www.reform-online.jp/interview/8175.php

Comments are closed.