Daily Archives: 2016/07/30

ClouderaがApache Hadoop上での分析をより容易にするCloudera Navigator OptimizerおよびCloudera Enterprise 5.8を一般リリース [ #cloud ]

2016年7月21日 米国カルフォルニア州パロアルト発 - Apache Hadoopと最新のオープンソーステクノロジーをベースに、最高速で最も使いやすくセキュアなデータ管理と分析のためのプラットフォームを提供するClouderaは、本日、Cloudera Navigator Optimizerの一般公開とCloudera Enterprise 5.8の製品版リリースを発表しました。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000058.000004301.html

「上司はロボット」の時代に対する 日本と海外の企業人の温度差 [ #cloud ]

先日弊社では、10ヵ国の「CxO」500人に行った「スマートテクノロジー」に関する調査結果を発表致しました。我々の定義では、スマートテクノロジーとは、「現在は人に任されている業務や意思決定を、コンピュータや機械でこなすことを可能にするテクノロジー。IoTや学習機能を搭載するオートメーション技術などが含まれる」としています。

http://diamond.jp/articles/-/96903

ファナックとNTTグループが製造業向けIoTで協業 [ #cloud ]

産業用ロボット大手のファナックは、製造業のIoT(Internet of Things)化を実現するための、AI(人工知能)技術を駆使したプラットフォームを提供している。そのファナックが、ネットワーク/アプリケーション開発分野のパートナーとして選んだのがNTTだ。2016年7月28日、ファナックとNTTグループによる共同記者会見が開催され、その取り組み内容が明らかにされた。

http://it.impressbm.co.jp/articles/-/13761

情報通信白書を発表–IoTやAI推進人材の育成が課題 [ #cloud ]

総務省は7月29日、日本の情報通信の現況と情報通信政策の動向について国民の理解を得ることを目的とした「情報通信に関する現状報告」(情報通信白書)の平成28年版を発表した。44回目の公表。今回の白書では、特集テーマを「IoT・ビッグデータ・AI~ネットワークとデータが創造する新たな価値~」とし、IoTやビッグデータ、人工知能(AI)などの新たなICTについて、その進展状況と社会全体にもたらす変化を展望している。

http://japan.zdnet.com/article/35086607/

ソフトバンクARM買収、10年後が見えなくても価値がある理由 [ #cloud ]

ソフトバンクがイギリスの半導体大手ARMを約3.3兆円で買収した。アリババの一部株式やガンホーの株式などを売却して2.3兆円の手元資金を準備し、1兆円をみずほ銀行からつなぎ融資を受けてという形で、ほぼ自前資金での大型買収となった。過去のソフトバンクの大型買収といえば2006年のボーダフォン買収と2012年のスプリント買収が各々約1.8兆円だったので、今回のARMの買収はその両社を合わせたのとほぼ同じ規模に近い、ソフトバンクの歴史上最大の買収劇である。

http://diamond.jp/articles/-/97100

ミラクル・リナックス、大規模システム向け統合監視サーバを発売 [ #cloud ]

ミラクル・リナックスは7月27日、大規模システム向け統合監視サーバの最新版「MIRACLE ZBX8300」の受注を8月15日から開始すると発表した。価格は470万円(税別)~。新製品を含むMIRACLE ZBX8000シリーズは、同社の統合監視ソフトウェアである「MIRACLE ZBX」のほか、監視サーバ専用にチューニングしたLinuxサーバOS、監視に必要なソフトウェア、クラスタ・ソフトウェアなどをハードウェアにインストールした状態で提供するハードウェア一体型のアプライアンス。

http://news.mynavi.jp/news/2016/07/29/031/

学生の“勝手Dropbox”を禁止する前に最低限やるべきこととは? [ #cloud ]

今の大学生は、物心ついたころからIT製品に囲まれて育った「デジタルネイティブ」世代だ。日々新たなオンラインサービスが生まれるインターネットを身近な存在として活用してきた同世代にとって、役立つサービスがあれば日常生活だけではなく、学校生活でも使おうと考えるのは、ごく自然なことだ。実際、「Dropbox」をはじめとするオンラインストレージサービスに、論文や研究関連資料などを保存する学生は少なくない。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1607/29/news13.html