日立、IoT基盤のアーキテクチャーを初公開、OSS全面採用で「Lumada」を支える [ #cloud ]

日立製作所のIoT(インターネット・オブ・シングズ)のソリューション製品群「Lumada」のアーキテクチャーが明らかになった。データ分析機能に三つのOSS(オープンソースソフトウエア)を採用し、オープン化を徹底した構成となっている。「自社で独自開発したフレームワークやソフトウエアは使わない。業界標準でないと、ユーザーはLumadaを使ってくれない」。日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部 IoT・クラウドサービス事業部の中村輝雄事業主管はこう説明する。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/120200723/?rt=nocnt

Comments are closed.