日本IBM エンタープライズのクラウド化に照準 ハイブリッド環境と豊富な「バリュー」を強調 [ #cloud ]

自社を「コグニティブとクラウドの会社」と定義し、クラウド事業に不退転の決意で臨むIBM。現状ではAWS、Azureの2強勢力には水をあけられているが、ハイブリッド環境の充実したサポートや、「Watson」をはじめとする付加価値部分が今後の大きな競争力になるとし、“クラウドネイティブ”ではない一般企業の需要に応える戦略でクラウド市場を勝ち抜こうとしている。

http://biz.bcnranking.jp/article/limitation/1612/161214_143709.html

Comments are closed.