ごみ焼却をIoTで効率化、交換部品の損傷を予測 [ #cloud ]

さまざまな電力・発電設備の運用管理にIoTを活用し、稼働率の向上やメンテナンスコストを削減する取り組みが進んでいる。日立システムズパワーサービスは、東京電力グループの東京臨海リサイクルパワーのごみ焼却炉で進めている実証の知見を生かしたサービスを2017年度から提供すると発表した。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1612/16/news079.html

Comments are closed.