Squidに複数の脆弱性、プライベート情報漏えいの危険性 [ #cloud ]

キャッシュサーバ「Squid」に複数の脆弱性が発見された。CVE-2016-10002およびCVE-2016-10003で指摘されている。発見された脆弱性は、「不正なHTTPリクエストのハンドリングによって、本来届かないはずのクライアントにデータが届いてしまう(CVE-2016-10002)」および「不正なリクエストヘッダ比較によって、本来届かないはずのクライアントにデータが運ばれてしまう(CVE-2016-10003)」というもの。この脆弱性を悪用されると、リモートの攻撃者によって認証情報などのプライベート情報が漏えいする危険がある。重要度は「Moderate」。Squidのユーザは、各ベンダーの情報に注意の上、アップデートを施すことが強く推奨される。

https://thinkit.co.jp/news/bn/11165

Comments are closed.