コンシューマーの79%がオンラインで買い物をする、でも重要なのは利便性より価格 [ #cloud ]

今朝Pew Researchが発表した調査結果によると、10人に8人のアメリカ人がオンラインで買い物をするという。79%のアメリカのコンシューマーは、ウェブサイトやスマホから買い物をしている。2000年の調査ではたった22%だった。さらにその半数以上(51%)は、モバイルでも買い物をした経験があり、15%はソーシャルメディアでシェアされていたリンク経由で品物を購入した経験がある。

http://jp.techcrunch.com/2016/12/20/2016121979-percent-of-americans-now-shop-online-but-its-cost-more-than-convenience-that-sways-them/

Comments are closed.