車両と運転手の状態から事故の危険性を察知 [ #cloud ]

電通国際情報サービス(ISID)は2016年12月22日、大阪電気通信大学、京都産業大学、京都大学、社会システム総合研究所、みなと観光バスと共同で、IoTによるバス安全運転支援システムを開発したと発表した(ニュースリリース)。近年、運転手の健康上のトラブルに起因する交通事故の発生が社会の大きなリスクとなりつつあることから、車両の走行状態とともに、運転手の健康状態もセンサーで計測・蓄積・分析するシステムを構築した。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/122205595/?rt=nocnt

Comments are closed.