「PHPMailer」に脆弱性、メジャーCMSにも影響 – 修正不完全で再更新の見込み [ #cloud ]

メール送信機能を提供するPHPライブラリ「PHPMailer」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。当初公開された修正版に問題が見つかり、再度アップデートがリリースされる見込み。開発チームによれば、「PHPMailer」は「WordPress」「Drupal」「Joomla!」などのコンテンツマネジメントシステム(CMS)をはじめ、「1CRM」「SugarCRM」といった顧客管理システムのほか、フレームワークである「Yii」にも採用されているライブラリ。利用者は900万人にのぼるという。

http://www.security-next.com/077070

Comments are closed.