2016年のSalesforceを振り返る [ #cloud ]

Salesforceは、自分たちはマーケットの刺激剤であると考えることを好む。現状を打破し、既存のプレイヤーに冷や汗をかかせる存在だ。しかし、ビジネスのクラウド化が主流の動きとなり、Salesforce自身も100億ドルの収益目標の達成に動き出した今、創業から17年となるSalesforceの時代がいよいよ到来したのではないかと感じざるを得ない。

http://jp.techcrunch.com/2016/12/28/20161223salesforce-asserted-itself-in-2016/

Comments are closed.