払いと拡散を選ばせるランサム、ドキシング、機械学習の犯罪利用など予測(Avast Software) [ #cloud ]

Avast Softwareは12月27日、2017年に台頭すると予測されるサイバーセキュリティ脅威を発表した。2016年は、個人用モバイル機器の爆発的増加、クラウドアプリケーションへの大規模なシフト、モノのインターネット(IoT)の影響力が著しく拡大した。2017年の脅威環境は、こうしたトレンドを受けて複雑で課題の多いものとなると予想している。予想は以下の5つ。

http://www.excite.co.jp/News/it_biz/20161228/Scannetsecurity_39314.html

Comments are closed.