地球の地下3,000kmでは「超高温のジェット噴流」が起きている [ #cloud ]

欧州宇宙機関(ESA)と欧州の大学研究チームは、地球の地下深くに高速で動くジェット噴流が生じていることを確認した。地球の外核には「超高温の流体である鉄の海」があり、その旋回によって磁界が生じると考えられている(外核は地下約3,000kmにあり、その温度は、最も外側の部分で摂氏4,400度、最も内核に近い部分で6,100度とされる)。

http://wired.jp/2016/12/27/jet-stream-earth-core/

Comments are closed.