SCSK、サポート業務向けクラウドサービス提供–自社で2500社への支援に活用 [ #cloud ]

SCSKは、企業向けサポート業務基盤のクラウドサービス「CarePlus ESP」を1月4日から提供を開始した。製品サポートや顧客サポートなど各種サポート業務の生産性を向上させることが目的。電話やメール、ポータルを使い分けながら進められる多くのサポート業務が業務の増加に伴い品質の低下、属人化、残業の増加が進み、生産性が低下していくのを防ぐ。

http://japan.zdnet.com/article/35094638/

Comments are closed.