「BIND 9」に4件のDoS脆弱性、うち3件は全バージョンが対象 [ #cloud ]

Internet Systems Consortium(ISC)が開発・提供するDNSソフト「BIND 9」において、いずれも実装上の不具合により、namedに対する外部からのサービス運用妨害(DoS)攻撃が可能となる4件の脆弱性が存在するとして、一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)や株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が12日、注意喚起を出した。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1038747.html

Comments are closed.