サービス事業者 IoTを視野に非IT機器に活路 新しいサポートの創出へ [ #cloud ]

ITシステムのサポート事業者が新たなサービスを模索している。有力候補は、IoT関連ビジネスの拡大で期待される非IT機器だ。ユーザー企業の社内ITシステムのサポート料は、ハードウェアの低価格化に伴って安くなっているのが現状。しかも、クラウドサービスの台頭でオンプレミス型システム構築の案件が減少し、サポート案件も減少している。そのため、新たな取り組みで収益確保の活路を見出そうとしている。

http://biz.bcnranking.jp/article/explanation/1701/170112_144089.html

Comments are closed.