富士通、ウェアラブルセンサーで熱中症を把握するクラウドサービスを開始 [ #cloud ]

富士通は2017年1月12日、ウェアラブルデバイスで作業者のストレスや健康状態を監視するシステム製品「ユビキタスウェア 安全管理支援ソリューション」を強化し、2月上旬からSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)形式で提供すると発表した。価格は個別見積もり。必要な機材や環境をレンタルして運用イメージを確認できるトライアルパックも提供する。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/011200075/?rt=nocnt

Comments are closed.