ドキュメントワークフロー、成熟度は日米で大差ない:IDC調査 [ #cloud ]

IDC Japanは1月12日、国内ユーザー企業のドキュメントワークフロー成熟度を調査し、分析結果を発表した。同社はドキュメントワークフロー成熟度を、個人に依存するステージ1、限定的に導入するステージ2、標準基盤化のステージ3、効果を定量的に管理するステージ4、継続的に革新を進めていくステージ5――に設定している。

http://japan.zdnet.com/article/35094964/

Comments are closed.