リコーが写真サービス「Eyefiクラウド」を買収した理由–ビジネス戦略を聞く [ #cloud ]

無線LAN機能を内蔵した、デジタルカメラ用SDメモリカードの先駆けとして知られるEyefiカード。2016年8月、米国Eyefiが事業を売却し、それに伴いアイファイジャパン株式会社も解散した。現在は、Eyefiカードと同等の機能を持つ製品として、EyefiカードのIP(知的財産)をライセンス協定を結んでいる東芝が「Flash Air」を提供。

http://japan.cnet.com/interview/35094287/

Comments are closed.