Category Archives: Alliance

KAIZENが広告クリエイティブとランディングの組み合わせ最適化で、配信事業者と提携 [ #cbajp ]

WebサイトのUI改善のA/Bテストを、クラウドベースで提供するKAIZEN platformが、広告配信で新たな最適化に取り組む。今日9月16日に発表した広告配信事業者との提携により、広告クリエイティブと、ランディングページについて、それぞれ異なるパターンを複数用意して、その組み合わせによって、CTRとCVRを最適化するという取り組みだ。

http://jp.techcrunch.com/2014/09/16/kaizen-integrates-ad-networks/

スマートフォンのプライバシーで連絡協議会が中間とりまとめ、サイトに情報集約 [#cbajp]

スマートフォンの利用者情報等に関する連絡協議会(SPSC)は2013年2月5日に、これまでの活動報告と今後のアクションプランに関する中間とりまとめを公表した。SPSCは、2012年8月に総務省が公表した「スマートフォン プライバシー イニシアティブ」を受けて2012年10月に設立された団体である。モバイルコンテンツ事業者やインターネット広告事業者、アプリマーケットを運営する事業者など24の業界団体らが参加し、スマートフォンユーザーのプライバシー情報の取り扱いについて、民間主導のガイドライン策定を目的に活動している。

「Wi-Fiがあらゆる機器のハブになる」[#cbajp ]

無線LANに関連する業界団体であるWi-Fiアライアンス。ここにきて立て続けに、無線LANの利用シーンを広げ、使い勝手を増すような認定プログラムを走らせている。例えば2012年6月末には信頼された公衆無線LANへの接続を自動化する「Wi-Fi CERTIFIED Passpoint」(関連記事)を開始し、この秋にはディスプレイやオーディオ機器を既存ネットワークへの接続なしで無線LANで結び、ワイヤレスによるオーディオ/ビデオ環境を実現する「Wi-Fi CERTIFIED Miracast」の認定プログラムを開始予定だ。Wi-Fiアライアンスの最新の活動状況について、マーケティングディレクターのケリー・デイヴィス フェルナー氏に聞いた。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120718/409866/?ml

市場活性化へ動く業界団体の意気込み [#cbajp]

今週は、今後の事業活動への意気込みを語った一般社団法人日本コンピュータシステム販売店協会の大塚会長と、プライベートイベントで基調講演を行った米Adobe SystemsのRencherシニアバイスプレジデントの言葉を紹介する。「企業が今、対応を迫られているコスト削減、省電力、生産性向上の3つの課題に対し、ITを駆使してお役に立てるように業界団体として精一杯活動していきたい」(一般社団法人日本コンピュータシステム販売店協会 大塚裕司 会長)

link

日立、情報処理推進機構の文字情報基盤実証実験Webサイトをクラウドで構築[#cbajp]

株式会社日立製作所(執行役社長:中西 宏明/以下、日立)は、独立行政法人情報処理推進機構(理事長:藤江 一正/以下、IPA)の文字情報基盤実証実験Webサイトの構築、運用、公開後の技術検証に関する業務を受託し、このたび、2012年6月4日から2013年1月31日までの約8ヵ月間、「漢字に触れてみよう-文字情報基盤プロモーションサイト-」(以下、本実験サイト)を公開します。本実験サイトでは、IPAが行政機関や民間企業の情報システムで漢字を効率的に扱うために作成した約6万文字のフォント「IPAmj 明朝フォント」が使える環境を模擬的な文章作りやゲームを通して体験できるコンテンツを提供します。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=311216&lindID=1

IPAが「情報セキュリティ白書2012」、注目分野はスマホ、自動車、クラウド [#cbajp ]

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、情報セキュリティに関する出来事や状況をまとめた報告書「情報セキュリティ白書2012」を発売した。価格は1429円(税別)。情報セキュリティ白書は、IPAが毎年発行している報告書。企業のシステム開発者や運用者に対して、情報セキュリティの現状や今後の対策に役立つ情報を提供するとともに、一般利用者にも情報セキュリティの概観や身近な話題を提供することを目的としている。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120601_537008.html

OpenFlow 1.3がOpen Network Foundationの理事会で承認。IPv6、PBB対応など [#cbajp]

Facebookやグーグル、マイクロソフト、ドイツテレコムなど大手クラウドベンダーやテレコム企業などが中心となって発足したOpen Networking Foundationは、「OpenFlow 1.3」を理事会が承認したと発表しました。実際に承認されたのは4/19で、プレスリリースが出たのは日本時間の5/17日です。すでに仕様はドキュメントとして公開されています(PDF)。

link