Category Archives: CloudStack

クラウド業界の激しい変化に対応――CloudStack採用のパブリッククラウド「GMOクラウド ALTUS」が目指すもの [ #cloud ]

クラウドプラットフォームのトレンドのひとつに、オープンスタンダードによるAPIなどの共通化、互換性の確保という動きがある。IoTのような新しい技術動向がビジネスに与える影響に対応していく必要もある。このような変化に、クラウド業界はどのように対応しているのだろうか。GMOクラウドの担当者に、同社が提供しているパブリッククラウド「ALTUS(アルタス)」の特徴や機能、戦略について聞いてみた。

http://hatenanews.com/articles/201612/24085

OpenStack、最新リリース「Mitaka」を公開 [ #cloud ]

OpenStack Foundationは7日、クラウド環境構築向けのオープンソースソフトウェア「OpenStack」の13番目のリリースとなる「Mitaka」を公開した。新リリースのOpenStack Mitakaは、主にソフトウェアのデプロイ、管理、スケールのしやすさに重点を置いて開発。使いやすさ、スケーラビリティが強化され、エンタープライズのアプリケーションの最適化とクラウドネイティブなソフトウェア開発との橋渡しに最適な、エンタープライズやサービスプロバイダ向けのクラウドプラットフォームとなったとしている。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20160411_752604.html

米Rancher Labsのコンテナ管理ソフトウェアRancherがGAに [ #cbajp ]

CloudStackで知られていたCloud.comの元CEO、シェン・リャン氏が立ち上げたスタートアップ企業、Rancher Labsは2016年3月29日(米国時間)、オープンソースのDockerコンテナ管理ソフトウェア、「Rancher」の1.0を発表、正式提供を開始した。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1603/30/news064.html

Apache CloudStack v4.6登場 [ #cbajp ]

Apache Software Foundationは12月1日(米国時間)、「The Apache Software Foundation announces Apache CloudStack v4.6 : The Apache Software Foundation Blog」において、クラウドオーケストレーションプラットフォームの最新版となる「Apache CloudStack v4.6」の公開を伝えた。

http://news.biglobe.ne.jp/it/1203/mnn_151203_3645611363.html

触ってわかったベアメタルクラウドの勘所と気になる新機能 [ #cbajp ]

「ベアメタルクラウド」とは、物理サーバをそのまま使えるクラウドサービスだ。仮想マシンと同じように、物理サーバをユーザーが自分でコントロールパネルを操作してオンデマンドに増減できる。最近ではベアメタルクラウドを提供する事業者がいくつか現れている。また、IaaS基盤ソフトであるOpenStackやCloudStackも、物理サーバの管理に対応してきている。

http://thinkit.co.jp/story/2015/03/03/5631

Apache CloudStack,2歳を祝う!~Apache CloudStack Birthday Party in Japan開催 [ #cbajp ]

2014年11月6日,「Apache CloudStack Birthday Party in Japan」が開催されました。2012年11月6日はCloudStackがApacheプロジェクトに移管後,初めてのバージョンとなる“4.0-Incubating”がリリースされた日です。この日,Apache CloudStackは2歳の誕生日を迎えた,というわけです。

http://gihyo.jp/news/report/2014/11/1201

ユーザー、 クラウドサービス/SI事業者、開発者、「オープンクラウド」それぞれのメリットとは? [ #cbajp ]

前編では、OpenStack、CloudStack、Cloud Foundryなどに代表されるオープンソースのクラウド基盤ソフトウェアなどを採用した「オープンクラウド」のビジネス動向やオープンクラウド・エコシステムの最新動向を整理した。後半は、オープンクラウドのアーキテクチャーやユーザーのメリットに焦点をあてて整理する。

http://enterprisezine.jp/iti/detail/5853