Category Archives: DevOps

2016年のDevOps関連10の注目ニュースを振り返る [ #cloud ]

DevOpsは2016年を動かした力の1つになったと言える。開発者がものを作り、テストし、展開する環境としてのコンテナやツールに、将来を賭ける企業が増え始めたためだ。Dockerはエンタープライズ事業戦略に全力を尽くしているし、コンテナアプライアンスのアイデアを持ち込んだ企業もある。

http://japan.zdnet.com/article/35094277/

“アジャイル”のための技術は自動化しかない、OSSの「StackStorm」買収した米ブロケードの製品担当VP [ #cloud ]

Software Defined(ソフトウェア定義)の進展に伴い、“DevOps(開発と運用の融合)”におけるDev(開発)への関心が高まいる一方だが、Ops(運用)におけるSoftware Defined化も進む。そのためのツールの1つがOSSの「StackStorm」。2016年3月に米ブロケード コミュニケーションズ システムズが買収し、同社独自のディストリビューションも始まっている。StackStormの価値や、ブロケードが同分野に乗り出す意味などを聞いた。

http://it.impressbm.co.jp/articles/-/14136

IBM、「BlueMix Continuous Delivery」を発表–DevOps方式のアプリ開発を支援 [ #cloud ]

IBMは米国時間12月6日、最新のBluemixクラウドサービス「Bluemix Continuous Delivery」のロールアウトを開始した。アプリ開発に必要なツールチェーンを迅速に構築し、モニタリング、スケールアウトができるという。Bluemix Continuous DeliveryはIBMツール、オープンソースのツール、それにGitHub、Slackといったサードパーティーのツールを自動的に統合する。ツールを手作業で統合する場合は数時間、場合によってはそれ以上を要するが、これを自動化できる。

http://japan.zdnet.com/article/35093332/

NTT コムウェア、DevOps促進を支援する2つのクラウドサービスを提供 [ #cloud ]

エヌ・ティ・ティ・コムウェア(以下、NTT コムウェア)は、効率的なDevOpsサイクルを実現する新たな機能群をクラウドサービスとして展開する。DevOpsは、Development(開発)と Operation(運用)を組み合わせた造語で、開発部門と運用部門が連携して協力する開発手法を指す。今回提供される新たな機能群は、開発環境サービス「DevaaS 2.0」 とIT運用管理サービス「SmartPIER」の2つ。

http://japan.zdnet.com/article/35093194/

CanonicalがDockerと提携–クラウドコンテナ管理で [ #cloud ]

「Ubuntu」の開発元であるCanonicalは、コンテナ管理ツールとして「Kubernetes」を強く支持している。といっても、DevOps分野でKubernetesのみに目を向けているというわけではない。同社は米国時間11月30日、商用サポートの付いた「Commercially Supported Docker Engine(CS Docker Engine)」をUbuntu上で利用可能にすることを目的としたDockerとの提携を発表した。

http://japan.zdnet.com/article/35093107/

DevOpsをクラウドで始める 【後編】──Oracle Cloud Platformで、ここまで自動化&簡単化! [ #cloud ]

本企画では2回にわたり、日本オラクルが2016年9月に“パブリック・クラウド上におけるDevOpsの実践”をテーマに開催したハンズオン・セミナー「5時間でチーム開発をスタート! ~実践で身につくDevOps~」の内容を基に、Oracle Cloud PlatformによるDevOps環境の特徴やメリット、そして環境構築のポイントを説明している。後編となる今回は、同セミナーの内容に基づき、Oracle Cloud PlatformによるDevOps環境の具体的な特徴や環境構築時の留意点を紹介する。

http://builder.japan.zdnet.com/sp_oracle/weblogic/35092995/

NTTコムウェア、DevOpsの促進を支援する2つのクラウドサービスを2017年度に提供 [ #cloud ]

エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(以下、NTTコムウェア)は30日、DevOpsの促進を支援するクラウドサービスを、2017年度第1四半期より順次本格提供すると発表した。それに先立ち、12月1日よりパイロットユーザーの募集を開始する。NTTコムウェアでは、クラウド型のソフトウェア開発環境をPaaSとして提供する「DevaaS(Development as a Service)」を2011年よりスタートしている。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1032534.html