Category Archives: EC

ロックオン、EC構築OSSの新版でプラグイン開発者向け機能を強化 [ #cloud ]

ロックオンは、ECサイト構築パッケージをオープンソース(OSS)として公開した「EC-CUBE」の新版(3.0.13)をリリースする。今回の新版では、プラグインの雛形を生成するジェネレーターを搭載し、プラグインを開発する際のファイルやフォルダの準備をコンソール画面から容易に行えるようになった。

http://www.keyman.or.jp/nw/20070133/

Salesforce Commerce Cloudを活用しEC導入を支援─NTTデータ スマートソーシング [ #cloud ]

「eコマースソリューション導入サービス」は、グローバルレベルでのECサイト構築から、フルフィルメントサービス(サイト運用、決済・商品配送・コンタクトセンター業務)、デジタルマーケティングまで、企業のECビジネスを一貫してサポートするサービスである。グローバルECビジネスへの進出を進める国内中規模企業を支援するため、セールスフォース・ドットコムと「Commerce Cloud」のソリューションパートナー契約を締結し、同サービスを提供する。

http://it.impressbm.co.jp/articles/-/14147

「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告 [ #cloud ]

オンラインショップは脆弱(ぜいじゃく)性まみれであり、業界を挙げて早急に改善する必要があると研究者は警告する。WhiteHat Securityによれば、オンラインショップにはOpen Web Application Security Project(OWASP)が「非常に危険」または「高リスク」に分類する「深刻な」脆弱性が平均13件含まれるという。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1612/09/news01.html

EC事業者対応必須!カード情報非保持化とは? [ #cloud ]

ほとんどすべてのECサイトで決済手段として提供されているクレジットカード。近年、クレジットカードの不正使用被害が拡大していることを受け、セキュリティ対策の強化を求める動きがある。ここでは、2018年3月までにECサイトが対応すべき「クレジットカードのセキュリティ対策」をまとめる。

https://www.ecnomikata.com/ecnews/12330/

不正アクセスを防ぐ、安心・安全なECサイト実現に向け、早急なカード情報保護対策を [ #cloud ]

クレジット取引セキュリティ対策協議会では、「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」の策定あたり、取引の類型及び想定される不正手口について分類し、カード情報保護(WG1)、決済端末のIC対応 (WG2)、本人認証・不正使用検知の強化(WG3)という形で議論を行った。

http://www.paymentnavi.com/paymentnews/61002.html

ECサイトを支える在庫管理システム(WMS)3社比較! [ #cloud ]

在庫管理システムとは、複数のモールや独自ドメイン、リアル店舗などで流動する在庫をリアルタイムで管理できるもの。在庫差異や出荷ミスなど、発生しがちなヒューマンエラーを防ぎ、大切な商品をしっかり管理できるようになる。商品を倉庫に入れる際に入荷検品を行い、ピッキング時点で在庫データと引き当て、出荷するという流れが一般的だ。

https://www.ecnomikata.com/ecnews/11571/

自社運営のECサイトが、注意しなければならない大きな2つのポイント – トレンドマイクロ セキュリティブログ [ #cloud ]

インターネットやスマートフォンの普及により、モール型のECだけでなくオリジナリティのある自社サイトで商品やサービスを提供するネット販売が増えてきた。当然、クレジットカードや個人情報を扱うことになるためセキュリティ上のリスクは増えてくる。トレンドマイクブログでは、最近の日本のECサイトのセキュリティ課題を纏めている。

http://news.mynavi.jp/news/2016/10/14/307/