Category Archives: Gartner

機械と人間との関係が変わる—ガートナーの技術トレンド・レポートより [ #cbajp ]

世界的な技術調査会社である米Gartner Groupは先日、今後の技術トレンドを占う「Hype Cycle for Emerging Technologies 2013」を発表した。同調査は、技術に関する多数の流行語を、幾つかのフェーズに分類したものだ。具体的には、上の図で表現されている。この図を見ると、今、最も注目され、過剰とも言えるほどの期待を浴びているのは「ビッグ・データ」「3Dプリンタ」「ウエアラブル・コンピューティング」など。一方、「クラウド・コンピューティング」や「NFC(Near Field Communication: 近接無線技術)」、「拡張現実(Augmented Reality)」などは一時の熱が冷めて、今はむしろ幻滅期に入っていると分析している。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36838

「ソーシャルによって変わった顧客と真の関係を構築せよ」、ガートナーがこれからのCRMを解説 [ #cbajp ]

「もはやクラウドはすべてのものを接続している。顧客との関係もクラウドの中にある。それがソーシャルネットワーキングということ。クラウドとソーシャルを前提として、きちんとしたCRM(顧客関係管理)の企業戦略を打ち立てるべきだ」—。  ガートナー ジャパンが2013年5月27日~28日に都内で開催したイベント「ビジネス・インテリジェンス&情報活用 サミット 2013」で、米ガートナー リサーチ リサーチ ディレクターのガレス・ハーシェル氏(写真)は、「2020年までのトップ・トレンド」と題した基調講演に登壇。クラウドコンピューティングやソーシャルネットワーキングの登場でCRMがどのように変わってきて、今後どのように変わっていくのかを概観した。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130528/480304/

企業の意思決定、勝敗を分けるのは? [ #cbajp ]

IT調査会社のガートナー ジャパンは5月27日~28日の日程で、企業の経営層や情報システム部門、マーケティング部門などに向けた年次カンファレンス「ガートナー ビジネス・インテリジェンス&情報活用 サミット 2013」を開催している。 初日のオープニングでは、同社 リサーチ・バイスプレジデントの志賀嘉津士氏が登壇し、「イノベイティブな意思決定とは何か」と題した基調講演を行った。志賀氏は「企業内の意思決定においてソーシャルが重要な役割を果たす」と強調した。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1305/27/news118.html

疑似クラウドが淘汰され、本物のクラウドが選ばれる時代に [ #cbajp ]

幻滅期に入ったクラウド市場の中で、疑似クラウドは生き乗れない」。IT調査会社ガートナージャパンの亦賀忠明バイス プレジデント(VP)兼最上級アナリストは、急速に普及するクラウド市場の課題を同社主催のセミナーで指摘した。同社によるとクラウドの幻滅期とは、これまでの過度の期待から現実とのギャップが起こっている期間だという。例えば、ユーザー企業はコスト削減を期待してクラウドを導入したのに、なかなか下がらない。ITベンダーもクラウド事業を進めたものの、あまり利益が上がらない。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20130522/478721/?top_pu

偽クラウドは淘汰される、「幻滅期」に入ったクラウド市場 [ #cbajp ]

国内には、“クラウド”と名の付くIaaSが既に60以上存在する。それら全てが本当にクラウドコンピューティング(以下、クラウド)といえるのか? 中には、単なるホスティングと変わらないサービスも多く見受けられる(関連記事:“オレオレクラウド”にはこりごり、クラウドの本質を知る)。そんな中、クラウド市場はいよいよピークを超えようとしている。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1305/13/news05.html

今後5年のITトレンド予想–大改革でスキルアップ求められる [ #cbajp ]

ガートナージャパンは4月24日~26日、東京・港区で「ITインフラストラクチャ&データセンターサミット2013」を開催した。4月25日の基調講演に登壇したガートナー リサーチ バイス プレジデント 兼 ガートナー フェローのスティーブ・プレンティス氏は、「今後5年間でITに影響を与える最重要トレンドとテクノロジ」と題し、今後5年間に起こりうる最重要トレンドの予想を語った。独自の視点で興味深い分析を列挙し、その影響や問題点、それらに対する心構えなどを多角的に論じた。

http://www.asahi.com/tech_science/cnet/CNT201305100038.html

顧客の経営改革に貢献–NTT Comのグローバルクラウド戦略 [ #cbajp ]

ガートナージャパンは、4月24日から26日、「テクノロジ革新のとき:備え、実践を開始せよ」をテーマに「ITインフラストラクチャ&データセンターサミット2013」を東京・港区で開催した。モバイル、クラウドコンピューティング、ビッグデータなどがもたらすイノベーションは、新しい価値を創造することが期待されており、このサミットでは、企業がこれらの新たな技術を活用するために必要となるインフラ戦略について、さまざまな論考が示された。

http://japan.cnet.com/news/business/35031695/