Category Archives: Interoperability

サイボウズとアプレッソ、クラウドデータ連携ソリューションで協業、「DataSpider Servista kintoneアダプタ」を提供開始 [ #cbajp ]

サイボウズ株式会社と、株式会社アプレッソは、サイボウズの提供する業務アプリ構築クラウド「kintone」とアプレッソが開発・販売するデータ連携ソフトウェア製品「DataSpider Servista」との連携アダプタ「DataSpider Servista kintoneアダプタ」を開発し、連携ソリューションとして2013年6月より、β版の提供を開始することを発表します。製品としては、2013年秋頃の正式リリースを予定しています。

http://www.value-press.com/pressrelease/109957

アプレッソ、「クラウド、ソーシャル、データ連携によるシステム最適化と事例」セミナーを開催 [ #cbajp ]

このセミナーでは、DataSpiderの最新情報に加え、クラウド本格活用に向けての最新情報として、テラスカイによるセールスフォース導入のトレンド、アマゾンデータサービスによるAWS最新情報とデータ連携の2つの基調講演のほか、システム基盤構築の最適化を中心に紹介するという。また、クラウドやソーシャルの可能性と普及が進展する中、企業のIT資源は新旧システムや、異種混在の状況をいかに最適化するか、クラウドデータ連携を中核として、テーマ別に紹介するとしている。

http://enterprisezine.jp/article/detail/3862

Google App Engine(TM)データストアの操作をノンプログラミングで実装する「DataSpider GAEデータストア アダプタ」の提供開始 [ #cbajp ]

式会社アプレッソ(本社:東京都文京区、代表取締役社長 長谷川礼司、以下アプレッソ)は、同社のクラウド・データ連携ソフト「DataSpider Servista(以下 DataSpider)」の新しいクラウド連携用アダプタとして、Google社の提供するGoogle App Engineに対応した「DataSpider GAEデータストア アダプタ(以下 GAEデータストア アダプタの提供を開始します。GAEデータストア アダプタは、株式会社ティー・シー・エフ(本社:東京都墨田区、代表取締役社長 石元俊之、以下TCF)が開発し、アプレッソが販売するDataSpiderの新しいクラウド連携用アダプタです。

http://japan.cnet.com/release/30014617/

クラウドをもっと活用したい企業の必需品 [ #cbajp ]

今回も前回に続き、DataSpiderの生みの親、株式会社アプレッソの代表取締役副社長CTOの小野和俊氏と、ユーザー企業である株式会社マイナビの情報システム部門 薄井照丈氏の対談をお届けする。前回は、DataSpiderがIT系企業 入社2年目の文系出身女性社員をユーザーに想定して開発されており、プログラミング経験のない管理者でも難なく使いこなせることや、細かなデータ連携処理を自社で簡単に実現できるため、SIerに外注するケースに比べて費用対効果が非常に大きいことなどの話題をご紹介した。対談ではその後、利便性をさらに高めるための改善要望や、クラウド/NoSQLといった新技術への対応に話が及んだので、今回はその模様をお伝えする。

http://journal.mycom.co.jp/column/dataspider/004/

アプレッソ、ウェブブラウザ上で動作するインストールレス開発クライアント [ #cbajp ]

アプレッソ(長谷川礼司社長)は、10月31日、データ連携ソフトウェア(EAI)の最新バージョン「DataSpider Servista(DataSpider)3.0」用に、ウェブブラウザ上で動作するインストールレスの新たな開発クライアント「DataSpider Studio for Web」の提供を開始した。「DataSpider Studio for Web」は、オンプレミスとプライベート、パブリッククラウド上に配置された「DataSpider 3.0」のサーバーにウェブ経由で接続して、作業を行うインストールレスの新しい開発用クライアント。現在提供中のDataSpider開発用クライアント「DataSpider Studio」と同様の操作で、スクリプトとマッピングをウェブブラウザベースで行うことができる。

http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201111010011.html

アプレッソ クラウドにフォーカスした国産EAI [ #cbajp ]

アプレッソは国産データ連携ツール「DataSpider(データスパイダー)」を主力製品とし、これまで国内1350社へ納入した実績をもっている。「DataSpider」は企業内のデータをノンコーディングで容易に連携できるのが特徴。導入実績を着実に伸ばしている成長株だ。

http://biz.bcnranking.jp/article/news/1107/110728_127088.html

クラウド普及の足かせは相互運用性とデータのポータビリティ–IEEE見解 [ #cbajp ]

クラウドコンピューティングの長期的な普及の足かせは、セキュリティよりも相互運用性とデータのポータビリティにある――。米電気電子技術者協会(IEEE)がこのような見解を明らかにしている。現在利用できるクラウドサービスは、クローズドシステムとして利用されており、相互に疎通できるようには設計されていない。こうしたサービス間での統合の欠如は、組織同士がシステムをクラウド上で統合する妨げになっており、生産性向上と費用削減の障害になっていると指摘されている。この問題に対処するため、クラウドサービスプロバイダーは相互運用性のあるプラットフォームを構築して、データのポータビリティを実現するための業界標準を策定する必要があると言われている。

http://japan.zdnet.com/cloud/analysis/35004636/