Category Archives: KVH

Colt、印西市の「東京データセンター2」で新棟を建設へ [ #cloud ]

Coltテクノロジーサービス株式会社(旧社名:KVH株式会社)は20日、千葉県印西市の「東京データセンター2(TDC2)」において、2棟目となるデータセンター新棟の建設を開始したと発表した。2017年第4四半期(10~12月)の解説を予定している。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1025911.html

KVH、AWSの大阪ロケーションへの直接接続サービスを開始 [ #cbajp ]

KVHのAWS(Amazon Web Services)への直接接続サービスである「AWS Direct Connect」は、同社の帯域保証型イーサネット回線サービス「etherXEN」によって実現するもの。これまで東京ロケーションにしか接続できなかったが、新たに大阪ロケーションへの接続にも対応した。関西圏からの低コストかつ低遅延な接続が可能になる。

http://it.impressbm.co.jp/articles/-/12687

KVH、AWS Direct Connect大阪ロケーションの接続サービスを提供 [ #cbajp ]

KVH株式会社は10日、Amazon Web Services(AWS)の東京リージョンと顧客のデータセンターなどを接続できる専用線サービス「AWS Direct Connect」において、大阪ロケーション(接続ポイント)への接続サービスを提供開始したと発表した。AWS Direct Connectを利用するためには、従来は東京ロケーションに接続する必要があったが、大阪ロケーションへの接続サービスが利用可能になったため、関西圏からのAWS Direct Connect接続が低コストかつ低遅延で利用できるようになったという。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20150810_715882.html

KVHのプライベートクラウド事業 引き合い急増、ヒット商材に育つ パブリックとの連携効果が追い風に [ #cbajp ]

データセンター(DC)サービスのKVH(東瀬エドワード社長)のプライベートクラウドが“ヒット商品”に育ちつつある。同事業のスタートから1年を待たずして「引き合いが好調」(近藤孝至・プロダクト・マネジメント部シニアエキスパート)に推移。同事業の売り上げ規模は、向こう2~3年で今期(2015年12月期)売り上げ見通しの数倍に増える手応えを感じている。ポイントはクラウド基盤の「OpenStack(オープンスタック)」と「NFV(ネットワーク機器の仮想化)」の組み合わせだ。

http://biz.bcnranking.jp/article/news/1505/150521_139407.html

KVH、東京-シンガポール-香港を結ぶバックボーン・ネットワークを100Gに増強 [ #cbajp ]

アジアの情報デリバリー・プラットフォームを提供するKVH株式会社は、光海底ケーブルSouth-East-Asia Japan Cable System (SJC)の容量追加調達により、東京、シンガポール、香港を結ぶバックボーン・ネットワークを100Gに増強しました。同容量はKVHの次世代イーサネット・プラットフォーム・サービスである「etherXEN」およびデータセンター間接続サービス「DCNet」として、4月15日から提供可能となります。

http://internetcom.jp/release/1064931.html

KVHのイーサネットサービス「etherXEN」、10Gbpsのバースト機能に対応 [ #cbajp ]

KVH株式会社は9日、イーサネットサービス「etherXEN」において、最高速度10Gbpsのバースト機能対応品目を追加したと発表した。etherXENは、SDN(Software Defined Networking)技術に対応した米Cyanのパケットオプティカル「Zシリーズ」と、加Accedian Networksの「Metro NODE LT/GTシリーズ」を採用したイーサネットサービス。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20150409_696938.html

「PCI DSS Ready Cloud」がPCI DSS Version 3.0に準拠(KVH) [ #cbajp ]

KVHは、同社のクラウド・サービス「PCI DSS Ready Cloud」においてペイメントカード業界の国際的なセキュリティ基準である「PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard:PCI DSS)」の最新バージョンであるVersion 3.0への準拠を完了したと発表した。準拠に向けては認定セキュリティ評価機関である国際マネジメントシステム認証機構(ICMS)による審査を受け、完全準拠に関する認証を取得した。

http://www.paymentnavi.com/paymentnews/46763.html