Category Archives: Location

ビジネスに効く! 次世代ワーカー・アプリ「GPS Punch!」とは?

日本版「WIRED」の専属ヒーローとして、たびたび誌面で活躍中のWIRED MAN。6月10日に発売となったVOL.8でも、同時多発ハッキング事件を見事「秘密兵器」を使って解決する活躍をみせた(その模様はぜひ本誌でご確認を!)。秘密兵器の名は「GPS Punch!」。いったいそれは、どのようなアプリなのだろうか?

http://wired.jp/2013/06/10/redfox-gpspunch/

スマホとクラウドを活用した位置情報応用ソリューション「mobicollet(モビコレット)」の新サービスを2013年4月より開始 [ #cbajp ]

NTTソフトウェア株式会社は、スタンプラリーを行うイベント主催者や、商業施設などの案内表示を行う管理者向けに、業務効率と顧客サービスの向上を実現する、NFC 技術を用いた、位置情報応用ソリューション「mobicollet(モビコレット)」を2013年4月よりサービス開始した。なお、今後は既存のノウハウであるGIS(地理情報システムを含めた位置取得技術、およびサービスの対象分野を増やすことでサービスラインナップを広げていく予定である。

http://www.bcm.co.jp/site/2013/05/tamatebako/ntt-soft/1305-ntt-soft.html

Apple、屋内位置情報技術の新興企業を2000万ドルで買収、米メディア報道 [#cbajp]

米Appleが屋内位置情報システムを開発する米国の新興企業を買収したと、複数の米メディアが米Wall Street Journalの記事を引用する形で現地時間2013年3月23日に報じた。Wall Street Journalは、Appleの広報担当者が米シリコンバレーのWifiSLAMという会社を買収したことを認めたと伝えている。同紙によれば買収金額は2000万ドル。WifiSLAMはWi-Fiの電波を使ってモバイル端末の位置情報を割り出す技術を開発している。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130325/465561/?mln

NTTソフトウェア、スマートフォンとクラウドを活用した位置情報応用ソリューション [#cbajp]

NTTソフトウェアは、3月4日、スタンプラリーを行うイベント主催者や商業施設などの案内表示を行う管理者向けに、NFC(近距離無線通信)技術を用いた位置情報応用ソリューション「mobicollet(モビコレット)」のサービス提供を4月に開始すると発表した。イベント会場などで行うスタンプラリーを対象とした「mobicollet Stamprally Edition」は、スタンプラリーの押印の代わりにNFCタグをスマートフォンにかざす電子的なスタンプを利用。NFCタグにタッチしたときに音や映像で演出することによって、より楽しいスタンプラリーで参加者へのサービスを向上する。また、途中で離脱した参加者も含めて、すべての押印履歴データを活用した販促活動を支援する。

http://biz.bcnranking.jp/article/news/1303/130305_132715.html

Wi-Fiだけでも現在地を測定できる仕組みとは?[#cbajp]

GPS を搭載していない iPod touch や Wi-Fi 版 iPad の現在地を表示できることをご存知でしょうか。位置情報サービスをオンにして Wi-Fi に接続していれば、様々なアプリで現在地を測定・表示することができます。いったいどのような仕組みなのでしょうか? そこで今回は「Wi-Fi だけで現在地を測定できる仕組み」を解説いたします。

http://www.appbank.net/2013/02/24/iphone-news/552221.php

リアルワールド、ゲーム感覚のクラウドソーシングアプリ–写真撮影でポイント付与[#cbajp]

リアルワールドは2月19日、iOSアプリ「お小遣いカメラ トレジャーハンター」の提供を開始した。お小遣いカメラ トレジャーハンターは、地図画面で指定された飲食店や不動産の建物などの撮影ポイントをユーザースマートフォンで撮影し、写真を投稿することでポイントを得られるアプリ。このサービスは、同社が新たに展開する企業向けサービス「フィールド調査」を円滑に進めるための施策となる。フィールド調査は、CROWD会員が所有するスマートフォンのカメラ機能を生かし、安価に大量の地域情報を収集するためのサービスだ。

http://www.asahi.com/tech_science/cnet/CNT201302210049.html

アジア最重要都市からやってきた、位置情報アプリ「フィーチャ!」の実力[#cbajp]

自分が指定したエリアにおける「いまいちばんホットなトピックス」を、あまたの情報のなかからスクリーニングして提供してくれるアプリがローンチした。その名も「フィーチャ!」。群雄割拠と言うべき位置情報アプリのなかで、「フィーチャ!」の勝算はどこにあるのか、その魅力に迫る。

http://wired.jp/2013/01/31/feecha/