Category Archives: Retail

仕事をしたら“2015年”が始まった(前編): なぜセブン-イレブンは“王者”であり続けるのか [ #cbajp ]

売上高3兆7812億円――。コンビニ最大手「セブン-イレブン」の快進撃が止まらない。 2014年4月、消費税が増税されると「成長を続けるコンビニも苦戦するのではないか」という見方が強かったが、いざフタを開けてみると、セブンの一人勝ちが続いている。コンビニ各社が既存店売上高で前年割れを続ける中、セブンは9月時点で26カ月連続でプラス。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1501/01/news004.html

ヤフーCEOも投資:「Brit + Co.」に見る小売ビジネスの未来 [ #cbajp ]

DIY情報やショッピングのサイトである「Brit + Co.」は630万ドルの資金を新たに調達した。これに地団駄を踏んだ同業他社も多いだろうが、人々に購買行動を起こさせるプロセスをつくり直し、最も儲かる形を見つけようとする流れは急速に進んでいる。DIY情報やショッピングのサイトである「Brit + Co.」は米国時間26日、630万ドルの資金を新たに調達した。月間ユニークビジター数が5万ほどと見積もられており(同社は50万ほどと主張しているが、いずれにしてもささやかなものだ)、同サイトへの投資に地団駄を踏んだ同業他社も多いだろう。

http://wired.jp/2013/07/03/behind-brit-morins-big-investment/

Twitterが、あなたの「店頭」に:Squareがオンラインストア開設 [ #cbajp ]

近年、小規模な小売店がオフラインのみの商売で切り盛りしていくのは難しくなりつつあるが、Square Marketはそんな彼らにオフラインとオンラインの垣根を取り除く手段を提供するものだ。Squareは米国時間26日、「Square Market」という新たなサーヴィスを発表し、同社としては初めてオンラインショッピング分野に参入することになった。

http://wired.jp/2013/07/02/squares-new-online-stores-could-make-twitter-the-next-place-you-shop/

「上質な光」の裏にITあり 老舗照明メーカーがクラウド導入した理由とは? [ #cbajp ]

IT活用をどのように行うかによって、企業競争力は大きく左右される。この傾向は時代とともに強くなっており、ITが企業文化をつくり上げる基盤として、重要な役割を担うようになったケースも少なくない。このようなITのポテンシャルを引き出していくには、常に最新のテクノロジにキャッチアップしていく必要がある。しかしこれは簡単なことではない。特にIT運用管理に十分な人員を確保できない中堅・中小企業にとって、ITシステムをいかにして最新の状態に維持するかは、悩ましい課題だと言える。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1305/22/news002.html

ユーザックシステム/iPhone用店舗発注のアプリ開発 [ #cbajp ]

ユーザックシステムは4月25日、店舗の発注業務を支援するスマートデバイス用のアプリケーション「Pittaly(ピッタリー)店舗発注」を開発した。さらに、基幹システムとデータ連携するためのクラウドサービスも6月より開始する。 Pittaly(ピッタリー)店舗発注は、店舗から本部に商品を発注する場合、商品バーコードをiPhoneの内蔵カメラか、オプション機器のバーコードリーダーでスキャンして、アプリ内の商品ブックから商品を選択し、発注数量を入力後、本部にデータを送信できる。

http://ryutsuu.biz/it/f042502.html

西鉄ストアの本部基幹システム、AWS のクラウドサービス上に全面移行 [ #cbajp ]

福岡県・佐賀県にスーパーマーケット 56 店舗などを運営する西鉄ストアが、その本部基幹システムを刷新、Amazon Web Services (AWS) を使ったクラウド上で動作するシステムに移行したという (クラウド Watch の記事、ノーチラス・テクノロジーズのプレスリリースより) 。稼働しているシステムは「売上・売掛金管理システム」「仕入・買掛管理システム」「テナント管理システム」「管理会計システム」という、どれも停止すると大きな影響のあるシステム。関係者がこれについて紹介しているが、バッチ処理はすべて Hadoop で処理しており、Hadoop クラスターの運用面でのトラブルやパフォーマンス問題を解決するために AWS を採用したという。

http://www.zaikei.co.jp/article/20130416/129379.html

Apple vs. Amazon : リテールの収益をチャートで比較 [ #cbajp ]

iTunes 経済シリーズの一環として、Apple の全体的な収益と費用の構造の中に、 iTunes が収まる様子については、すでに説明している。 この事業は、全体の売上および利益に対して、10% にも充たないほどの、ささやかなものであった。そして、残された疑問は、iTunes のビジネスと、Apple 以外のリテールとの比較である。

http://wp.me/pwo1E-5YT