Category Archives: SmartTV

東芝、LG、パナソニックから見る2014年のスマートTV新潮流 [ #cbajp ]

CESから読む2014年のテレビトレンド、2本目の記事では、東芝を中心に、LGエレクトロニクス・サムスン電子・パナソニックといった「主要4社」の動向をまとめてみたい。「もうメインストリームでは、『4Kにあらずばテレビにあらず』的なところがありますね」大手テレビメーカーの開発者は、CES会場の端で筆者と雑談しながらそう話した。そのくらい、4Kによる高画質化は当然の流れだが、形状やITテクノロジーの進化など、各社の中で共通するトレンドは多い。そこからは、「4Kが離陸したあとのテレビ」を模索する流れが見えてくる。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/20140113_630554.html

クアトロンプラスで“ゲームチェンジ”。シャープのTV戦略を水嶋副社長に聞く [ #cbajp ]

シャープの水嶋繁光代表取締役副社長は、米ラスベガスで開催中の2014 International CESの会場で取材に応じ、「Quattron+(クアトロンプラス)は、フルHDを4Kの世界にどうつなげていくかという転換において、重要な意味を持つ技術であり、これは8Kへの橋渡しでも重要な役割を果たすことになる」などと述べた。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/ce/20140109_630135.html

【CES 2014】Firefox OS、webOSなどスマートテレビの新プラットフォームが続々登場 [ #cbajp ]

2014 International CESで、次世代スマートテレビ向けのOSが2つ同時に披露された。1つはパナソニックが採用を決めたFirefox OS、もう1つがLGエレクトロニクスが採用を決めたwebOSだ。パナソニックが2014年から自社の薄型テレビ「VIERAシリーズ」のスマートテレビ向けプラットフォーム「Life + screen」への採用を決めたFirefox OSは、オープンソースプロジェクトとしてWebブラウザー「Firefox」やインターネットメーラー「Thunderbird」などを無料で提供するMozillaが開発したOSだ。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20140108/1054437/

「スマートテレビ」で変わる生活 「多機能化」か「パソコン化」か[ #cbajp ]

パソコンや携帯電話、タブレット端末はここ数年で目覚ましい進化を遂げた。もっとも印象的なのはスマートフォンで、従来の携帯電話とは比べ物にならないくらいの多機能化が実現した多機能化の流れはこれで終わらず、今後はテレビ市場にも普及すると考えられている。実際、いくつかの企業からは「スマートテレビ」と呼ばれる新商品がすでに登場した。

http://www.j-cast.com/kaisha/2013/04/04172430.html

東芝、4K/3Dテレビを海外で今夏に発売、クラウドサービス強化 [#cbajp]

東芝がCES2013で掲げた、2013年のテレビ戦略「クラウドサービス+4K大画面」が、58/65/84型でリリースする。このニュースは英国発のもので、ホームエンターテイメントの新製品の1シリーズとして発表された。本シリーズは、新映像エンジンの「REGZA ENGINE CEVO 4K」を搭載、AMR(アクティブモーション&レゾリューション)技術を数値800まで向上させ、スポーツなどで見られるハイスピードな動きでも、残像を抑えて非常にスムースで鮮明なシーンを映し出す。ユーザーインターフェースは、テレビガイドからソーシャルネットワークや、Netflix、Vimeo、YouTube、欧州で人気のVODサービスAcetrax Movies、BBC iPlayerなど、東芝が展開しているポータル”クラウドTV”サービスを統合し、トップのシンプルなホームスクリーンからアクセスできるようになった。

http://www.pronews.jp/news/1303292020.html

パナも搭載…テレビ、ゲームを“変える”クラウドとは?買い替え不要で機能/性能向上?[#cbajp]

最近の日本におけるテレビのメインストリーム機種では、実はVODやアプリで機能を追加することができる。テレビでツイッターやFacebookなどのSNSを楽しめるようになっているのだ。そう、日本の主流テレビでは、すでにスマートTV化が進んでいるのだ。しかし、そこで疑問を持つ人もいるだろう。パソコンなどは1〜2年で処理能力が倍に進化してしまうため、その処理能力は、購入から3年もするとかなり陳腐化してしまう。これに対して、テレビは一度買えばある程度長期間使うことになるので、機能的にすぐに時代遅れになってしまうのではないか? スマートTVは大丈夫なのか? という疑問だ。実際、一部の海外のスマートTVはそれに備え、オプションによって処理を高速化することができるようになっていたりする。

link

「CES 2013」レポート、小さくても注目度大! 最新のスマートフォンなど [#cbajp ]

全米家電協会(CEA)が主催する世界最大のコンシューマエレクトロニクスの祭典「2013 International CES(CES 2012)」が、現地時間の1月8日、米国ラスベガスで開幕した。ここでは、注目度の高いスマートフォンと白物家電を紹介しよう。

http://www.asahi.com/tech_science/bcnnews/BCN201301110012.html