Category Archives: Softbank

ソフトバンク、IBM Watsonを活用したAI社内お問合せシステム「AI-Q」 [ #cloud ]

ソフトバンクは1月11日、IBMの人工知能をWatsonを活用したAI社内お問合せシステム「AI-Q(アイキュー)」を販売開始した。木村情報技術が開発したシステムで、企業において社内からの問い合わせ対応業務をチャットボットで行なうクラウドサービス。総務や経理、人事、OA機器関連の問い合わせ対応や、営業支援情報の共有などに利用できる。

http://ascii.jp/elem/000/001/416/1416818/

【中国電脳事情セレクション】“中国のAWS”Alibaba Cloud、ソフトバンクとの協業で日本上陸、ほか [ #cloud ]

成長率で見ればAWS(Amazon Web Services)を上回る勢いとされるIaaS(Infrastructure as a Service)を、きっとご存じだろう。アリババグループ傘下で中国クラウドサービス最大手のAliyun(阿里雲、アリユン)だ。同社は浙江省杭州市の観光地、雲棲で開催したAliyun雲棲大会に続いて、広東省恵州市で同大会の広東分会を開催。

http://it.impressbm.co.jp/articles/-/14185

SBIグループと日本IBM、地域金融機関向けのFinTechサービスの導入支援分野で提携 [ #cloud ]

SBIホールディングス株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は28日、地域金融機関向けに各種FinTechサービスの導入を支援する共同事業展開、ならびに合弁会社設立の協議を開始すると発表した。SBIグループでは1999年の創業以来、インターネットを活用した証券・銀行・保険などの金融サービス事業を展開しており、グループ各社ではFinTech分野で新技術の導入を促進しているという。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1037299.html

「A connected world of opportunity」ARM買収後の戦略 [ #cloud ]

半導体設計資産(IP)サプライヤーのARM(アーム株式会社)は 12月2日、年次イベント「ARM Tech Symposia 2016」を都内で開いた。メディアや半導体業界を驚かせたソフトバンクによる買収発表の半年後、ARMは年次イベントをきっかけに今後の戦略と新商品を発表した。

https://iotnews.jp/archives/44451

クラウドで簡単プログラム、壁も走れる「うおーるぼっとLED」発売。iPhoneから操作可能なLEDサイネージロボ [ #cloud ]

ソフトバンクの運営するWebサービス「+Style」が、走るLEDサイネージ型ロボ「うおーるぼっとLED」を発売しています。磁石にくっつく場所なら壁でも天井でも走行でき、無料のオンライン開発環境でLEDの発光パターンや動きをプログラミングできます。「うおーるぼっとLED」は、iPhoneとBluetooth連携する2輪型のロボットキットで、電子工作キットのRunning Electronicsが+Styleに出品しています。

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20161226/Engadget_led-iphone-led.html

ソフトバンク、A10のADCでクラウドプロキシ基盤を構築 [ #cloud ]

ソフトバンクは法人向けネットワークやVPNサービスにおけるクラウドプロキシ機能を提供する基盤としてA10ネットワークスのADC「A10 Thunder ADC」を導入した。A10ネットワークスが2016年12月21日に発表した。ソフトバンクでは、法人向けのネットワークサービスを提供するなかで、Office 365やG Suite(旧Google Apps for Work)など、顧客のクラウドグループウェアの利用増加に伴うプロキシのパフォーマンス低下が課題になっていた。

http://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/5053/Default.aspx

ARMサーバーのベアメタルクラウドを展開する米Packetが日本進出 [ #cloud]

12月16日、米PacketはARMチップをベースにしたベアメタルクラウドの国内展開を開始した。既存の1/10のコストとベアメタルならではの性能の高さを売りにしており、同社に出資を行なっているソフトバンクの全面支援で国内展開を推進する。2014年設立のPacketは物理サーバーを専有するベアメタルクラウドを展開しているスタートアップで、グローバルで約5000のユーザーを有する。

http://ascii.jp/elem/000/001/405/1405891/